育毛剤の効果を十分に得るためには、使う前の準備が重要です。このサイトではその秘訣をご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

育毛剤に効果がないと悩む方を救済するサイト

育毛剤について

運動はかなり効果的!これで薄毛と抜け毛を改善しよう

投稿日:

薄毛や抜け毛を引き起こす男性型脱毛症は、主に男性ホルモンが原因です。

ですので、運動や筋トレをすると、薄毛や抜け毛が余計に進行するのでは?

と考えている人も多いのではないでしょうか。

確かに、イメージすると運動とか筋トレで筋肉がついていくことはあまり髪の毛にはよくなさそうですよね。

実際に、男性ホルモンは筋肉を形成する働きもありますし。

ですが、運動や筋トレが男性型脱毛症を悪化させる証拠はありません。

運動や筋トレが男性型脱毛症を悪化させる証拠はない

そもそもなぜ運動や筋トレが男性型脱毛症に良くないと考えられるようになったかというと、筋トレをすると男性ホルモンであるテストステロンの量が増えることがわかったからです。

男性型脱毛症は、テストステロンが変化したジヒドロテストステロンが引き起こしています。

ですので、筋トレでテストステロンが増えたということはジヒドロテストステロンも増えているだろうという予測ができるので、筋トレは薄毛やはげを悪化させると考えられているのです。

しかし、テストステロンが増えたとしてもジヒドロテストステロンが増えることにはつながりません。

ジヒドロテストステロンが増えたことは確認できていませんからね。

したがって、筋トレが男性型脱毛症を引き起こしている証拠はないのです。

ただ運動するなら無酸素運動より有酸素運動をした方が良い

ただし証拠がないといっても、男性ホルモンであるテストステロンの量が変わっていることは証明されています。

つまり、証拠がないだけで、筋トレによってジヒドロテストステロンの量が変わっている可能性も大いにあります。

ですので、そこが不安に思う方は、無酸素運動よりも有酸素運動をした方がいいでしょう。

有酸素運動とは、酸素を取り込みながら運動をすること。

例えば、ウォーキング、ランニング、水泳、ストレッチ、体操、ヨガ、サイクリングなどが良く知られていますね。

無酸素運動は、ジムの筋トレ器具や短距離走など、瞬間的に強い力を出す運動のことです。

テストステロンの量が増えたという運動は、ウエイトトレーニングなので無酸素運動ですね。

有酸素運動は、ダイエットに効果的な脂肪燃焼作用と、髪の成長に効果的な血行促進作用があります。

血行促進作用はが向上すると、髪の毛の成長に必要な栄養素を血液を通して送れるので、薄毛や抜け毛の予防になります。

ですので、薄毛や抜け毛対策のためであれば、有酸素運動をしましょう。

有酸素運動のおすすめのやり方

有酸素運動は、ちょっとした工夫で日常生活の中に取り入れることができるので、忙しい人にもおすすめです。

例えば、「自分は運動の習慣がなくて、そんなの急に有酸素運動はできない」という方でも全然大丈夫。

一番簡単なのはウォーキングです。

仕事への通勤や通学、買い物など外に出かける機会を利用しましょう。

普段普通に歩いているところを、少し意識して早歩きするだけです。

「それだけじゃあまり効果がないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、普段運動をしていない人であれば、これくらいから始めた方がいいです。

たったこれだけでもかなり疲れます。

重要なのは、継続して行うことなので、いきなり負担の大きいことをしても間違いなく続きません。

なので、最初は小さいところから取り組みを始めましょう。

疲れて仕事に響きたくないという人は、休日だけでも全然かまいませんよ。とにかく続けることが大事です。

ぜひ有酸素運動を継続できるように取り組んでみてください。

-育毛剤について

Copyright© 育毛剤に効果がないと悩む方を救済するサイト , 2019 All Rights Reserved.